アーバンリジリアンス株式会社

お問い合わせ

ホーム  >  コンサルティングサービスの内容  >  環境の分野

コンサルティングサービス

環境分野のコンサルティング

環境分野

かつて大気汚染が日本一だった板橋区大和町交差点

日本では昭和40年代の経済の高度成長と都市化の進行により、大気汚染、水質汚濁等の公害が発生し環境破壊が進行しましたが、工場等における良質燃料への転換、ディーゼル車排出ガスの規制、有害排水の規制、下水道の普及等により、環境は大幅に改善しています。
一方、途上国や新興国では中国のPM2.5にみられるように、依然として、大気汚染や水質汚濁が極めて深刻な状況にあります。これらの状況を改善するためには、先進国の技術と経験に照らしながら、着実に改善を図っていく必要があります。
しかしながら、途上国等では、欧米先進国の技術をそのまま導入して埃をかぶったままになっている施設が数多くあります。
途上国等で受け入れられやすい技術を提案するとともに、新興国担当者のモラールと技術を向上させながら、改善に取り組んでいく必要があります。
我々は、東京都をはじめとする地方自治体の第一線で環境保全対策や地球温暖化防止対策に長年にわたり取り組んできました。その経験や暗黙知を活用して、途上国等における環境改善策を提案させていただきたいと思います。