アーバンリジリアンス株式会社

お問い合わせ

ホーム  >  コンサルティングサービスの内容  >  水道等の分野

コンサルティングサービス

水道等の分野

水道等の分野

途上国等では水道に政府や国民が求められているものは何でしょうか?
国民が伝染病に苦しまないための安全な飲料水ですか?
女性や子供が水汲み・家事労働を削減するための洗濯・シャワー用水ですか?
それとも産業の振興のための産業用水・ビル用水でしょうか?
国連のミレニアム計画では、改善された水源を使用している世界の人口の割合は、1990年の76%から2010年には89%に向上し、途上国では水道の普及が進んでいます。
しかしながら未だに8億人近くの人が旧来の水源から水を引いており、また、水道施設は整備されているとはいえ、快適な生活を送るには程遠い状態にあるといっても過言ではありません。

ドブ川の中にスパゲティー状に配管された給水管

安全な飲料水を供給するためには、塩素消毒の徹底と水道管内への汚水の侵入を防ぐために水圧の維持が不可欠ですが、多くの新興国ではそれが十分に行われていません。
これまで先進各国の援助で建設された途上国の水道施設を数多く見てきましたが、運転管理が適切でないないため、その機能が十分に活かされていないものが多くありました。現地の技術水準に合った運転管理方法や運転管理しやすい施設への改善を提案していきます。